2020年12月7日

ender 3 proをABL化



ender 3 pro、いい加減毎度のベッド調整が面倒なので、
定番のオートレベリング(ABL)導入しようってことで
AliExpressがセールの時にBLTouch(の互換品)キットを購入。
中国からの送料無料で2,000円ぐらいだったかな?

ファームウェアの書き換えに必要なUSB-ISPケーブルやら
リボンケーブルの手前に割り込ませるボードとかついてて、
あらかじめファームウェアの書き換え方を勉強してたのに、
enderの裏側あけてみたらケーブル挿すところが見つからない。

今年夏頃に買ったうちのender 3 proは新しいやつらしく、
32bit版、4.2.2というバージョンで全く違うらしい。
microSDカードにファームウェアのbinファイルを入れて
電源スイッチ入れるだけで自動的にファームウェア書き換え。
メインボードもBLTouch対応してて、BL_Tというポートもある。
先に気付いてればもうちょっと安く済んでたのにな。


ただBLTouchからのケーブルのピンの並びが違ってて、
今回の製品だと↑の赤と青を入れ替えないといけなかった。
BLTouchとBL_Tのピンアサインは自分で調べる必要あり。
少し窮屈なのでBL_T用の正式なコネクタも欲しいところ。

あとはZ Probe Offsetを設定、スライサーソフトいじって完了。
印刷開始時に自動でレベル読むので少し時間はかかるものの、
手動で調整するより底面部分の出力がキレイになった気がする。

0 コメント:

コメントを投稿