2020年5月13日

親指キーボード配列

11キーを両親指で操作する新キーボード配列「Senorita」 カリフォルニア大学が開発 (ITmedia)

左で押しながら右タップ、右で押しながら左タップ、
広い画面でもキーが左右の端に寄ってるから押しやすいけど、
両手使わないと入力できないのはちょっと不便かな。

日本語入力だとフリック方式使う人が多いけど、
英語圏だとQWERTYで両手使う人が多いから違和感ないのか。
最近は一筆書き的なグライド入力の方が多くなってるかもだけど、
キーが大幅に少ないってだけで魅力的なのかな?

PCでは使えない、QWERTYでもDVORAKでもない新配列、
わざわざ覚えようとするか、ってところがネックだな。
一応打ちやすいような配列にはなってるんだろうけど…
あくまで視覚障害者がメインターゲットなのか。

0 コメント:

コメントを投稿