2020年6月29日

ELECOM LD-KKTR


ラチェットタイプRJ45コネクタかしめ工具 (エレコム)

LANケーブルの自作はちょくちょくするものの、
いかんせん工具(写真上)が安物なもので、失敗が多い。
工具と簡易テスターとコネクター100個で2,000円とか…
エレコム(写真下)のはAmazonで実売2,591円、
これも安いは安いが、一応標準価格は9,800円のもの。

一般的にはラチェットの有無が性能として言われるんだけど、
これに関しては慣れればなくてもそうそう影響しない。
安物との大きな差は工具自体の寸法精度にあると思う。
コネクタを工具に差し込んだ際に正確な位置に止まらなかったり、
接点となる金属プレートがまっすぐに下りなかったりする。

そんなわけで今まで失敗が多かったのよね。
露出配線するケーブルならやり直せばいいんだけど、
壁内に関わる部分だとだんだん短くなるのが恐怖…
情報分配盤のHUBに繋がる部分でだいぶ苦労した。

エレコムの試しに使ってみたけど一発だな。
安いコネクタでも接点が間違いなくまっすぐ刺さる。
たまにしか使わないとはいえ、十数年の苦労って(笑)

0 コメント:

コメントを投稿