2021年2月15日

常温常圧の水素貯蓄


常温常圧下で水素(のモト)を管理できるのはいい、
得る水素の半分は反応させる水からのものだから
貯蔵効率がいいというのも魅力的ではある。

ただ取り出した後の残りカスをどうするのか、
回収するにしても廃棄するにしても手間だろうな。
カートリッジとしての運用もできるとあるから、
それごと交換するならサイクルは作りやすいけど、
インフラに加えて車側の規格にも関わると遠いなぁ…


こちらは最近の日本の技術の話題、
液体の方が輸送や保管のインフラは整備しやすいかな?
車側が扱いやすいかどうかという点はあるだろうが。

0 コメント:

コメントを投稿