2017年8月9日

ルンバは見てる

ルンバのiRobotはGoogle・Apple・Amazonに家庭内の地図データを売ろうとしている (GIGAZINE)
iRobot、ルンバの「間取りデータ販売検討」を否定。「報道は誤解。スマートホーム製品との接続にも顧客承認が必要」 (engadget日本版)
ルンバが一転「お客様のデータは売りません!」ただし無償共有の可能性は排除せず (Gizmodo Japan)

マッピングデータのクラウドへの送信自体はしてるんだな、
何が見られるか何を送ってるかの全てを明らかにはしていない…と。

まあ個人が特定されない範囲で統計的に使うならまだしも
(そういうデータしか送ってないと証明できるなら)
WiFiだけでもある程度の位置情報は推測できるし、
カメラ搭載の機種だったりするとさらに不安になるわな。
顔と場所と間取り、何する気だよ!という反応は自然。

さすがにそこまで含めて売ったり配ったりはないだろうけど
結局メーカーをどこまで信用できるのかという話。
ルンバや掃除機に限らずネットに繋がる製品全般で。

0 コメント:

コメントを投稿