2018年2月26日

パーツはプリンターで

3Dプリンターで古い「旧車」の部品を出力して供給することをポルシェが発表 (GIGAZINE)

あくまで出力するのはメーカー側であって
3Dデータを公開してるわけではないのが少し残念な気もするけど、
メーカーとして提供できる程度には品質に自信ありってことだな。
金属素材の3Dプリント自体はそういうサービスがあるものの、
「車」に使える強度と信頼性ってのはスゴイな。

こういう提供方法が一般的になってくれば
メーカーとしては古くて余分な在庫を抱える必要はないし、
パーツの廃盤なんてことがなくなればユーザも助かるよね。

車もだけど家電とかでもやって欲しいなぁ…
電子部品なんかはまあ自分でなんとかなるんだけど、
金属やプラスチックの駆動部品なんかは難しいからねぇ。
メーカーとしては勝手にいじるなって方針だけど、
供給終了して修理も不可能なやつとかはなんとかして。

0 コメント:

コメントを投稿