2020年9月2日

砥石側をゴリゴリ

ドイツ発。プロレベルの切れ味を期待できる第3の研ぎ器「ROLLSCHLEIFER」 (engadget日本版)

刃を上に向けた状態で手を動かすの怖いな、
力んだ手が滑って…と考えるとかなりザックリ行きそうな。
ただ仕組み的にはかなり画期的な方法にも見える。

刃を研ぐのって角度を鋭くするのも大事だけど、
刃に対して直角な溝を細かくつけて引っかかりを作るのが肝心。
棒状のシャープナーや小さな砥石の隙間をゴリゴリするやつは
溝が浅かったりするのであんまり長持ちしないけど、
これは比較的大きいのでいい具合に研げそうな気はする。

うちの包丁は砥石で研いでるけど、
ちゃんとやると砥石を水に浸けておくとか手間はかかる。
角度については慣れなのでそこまで苦労はしないものの、
家庭用の頻度だとなかなか上手にはならないよねぇ…

0 コメント:

コメントを投稿