2015年11月2日

ArduinoでLEDチカチカ



先日届いた中国製送料込み$2.25の激安Arduino Nanoモドキ、
久しぶりのハンダ付け作業でピンを装着してUSBで繋いでみた。

互換機は標準ではデバイス認識されなかったり、
新しい方のArduino IDEでもダメだったりするのは調べてたので、
いろんなところに書いてある情報を参考に進めた。(Windows8.1環境)

1. CH340用のドライバを入手してインストール
2. Arduino IDE 1.0.5をインストール(1.0.6でもOK?)
3. マイコンボードは「Arduino Nano w/ ATmega328」を選択
4. シリアルポートはデバイスマネージャで調べて「COM3」を選択

何も書き込んでない状態でUSB繋ぐと、
PWRと書かれたチップLEDが点灯、Lと書かれたチップLEDが点滅。

次に動作確認として簡単なスケッチ(コード)を入れてみる。
D2とGNDのところにLEDを接続、D2側が足の長い方…
そしてスケッチを書いて点滅させる

void setup() {
pinMode(2, OUTPUT);
}

void loop() {
digitalWrite(2, HIGH);
delay(3000);
digitalWrite(2, LOW);
delay(3000);
}

2番ピンを出力モードに設定、
3000msごとにHIGHにしたりLOWにしたりしてるだけ。
無事動作したので一安心かな?

今度は早速目的のLCDを繋いでなんか表示させたい。
ちまちま学習するより作りたいものを目指す方が楽しいしな。

0 コメント:

コメントを投稿