2018年4月20日

読みたいなら広告消すな

Googleが「広告ブロックするユーザー」から料金を回収して運営者に還元するツール「Funding Choice」の正式提供を発表 (GIGAZINE)

またクソ面倒くさいのを作りやがったなぁ…
Chromeで広告のフィルタリング機能をつける一方で、
広告ブロックするユーザの閲覧を制限するサイトツールとは。
広告ブロックを切るか、金払うかしろ、ってことか。

自分はポップアップ切ってるぐらいで
広告ブロックするようなアドオンは使ってないし気にならないけど
どう表示しようが閲覧側の自由だと思うんだよね。
ただそれを言うとサイト側もブロックしてるユーザに対して
どう閲覧制限しようが自由ってことにもなるんだろうけど。

まあ日本のサイトはそれほどでもないけど、
英語圏のサイトは大手サービスのサイトでも広告だらけ、
マルウェアやマイニングといった悪質なのも少なくないから
ブロックしてなきゃやってられないんだろう。
そっち方面の健全化が先じゃないのかな、という気がする。

0 コメント:

コメントを投稿