2018年8月2日

HTTPを邪魔する

「Google Chrome 68」公開、HTTPサイトには容赦なく警告を表示する仕様に (INTERNET Watch)

そこまで大袈裟に出てくるのはちょっと鬱陶しいな。
chromeと同じエンジン使ってるVivaldiもそのうちなるのかな?

今やそれなりのシェアを持ったChromeだからこそ、
HTTPS非対応サイトへの影響力は確かに大きいものだと思う。
ユーザからたくさん苦情が来れば対応せざるを得ない。
ただレンタルや共用で使ってる小規模のサイトなんかは
どうしようもないし、そもそも静的サイトには不要なものだし。

HTTPSの暗号化で安全なのは「通信経路」上での話であって、
サイトが安全なわけでも、ユーザ側の環境が安全なわけでもない。
理解がないと警告が出ないから安全!みたいな感覚になりそう。

0 コメント:

コメントを投稿