2020年8月31日

さよならATTESA



2004年から16年間愛用してるCITIZENのATTESA(ATD53-2592)、
急にズレたり止まってたり、リセットかけても2秒運針だったり…
Eco-Drive、ソーラー発電の電波時計なので電池交換不要、
と謳われてはいるけど2次電池が劣化するとダメなわけで。

裏蓋表記の機械番号はA412、使われてる2次電池はMT1620、
4箇所ビス止めなので自分でも簡単に交換できる。



と思ったんだけど、MT1620に端子がついたCITIZENオリジナル品、
295-65(295-6500)という型番で国内ネットでの販売は一切なし。
他の型番のやつに端子だけ付け替える方法もあるけど、
薄いのではんだ付けはNG、スポット溶接が必要なので無理。

近くの時計屋さんに聞いてみたらメーカー対応とのことで
1万5000円ほどかかると…いや4万の時計にそんなに出すのは…
ebayでアメリカから送料込みで5000円弱で買えるようだけど、
それでダメだった時に痛いな、と思うと手が出ない。

ちなみに開けて電池の電圧測ったら2Vも出てる。
公称1.5Vだけど無負荷だからそれだけ出てるのか、
電池じゃないという可能性もあるんだよなぁ。
そして電池戻したら完全沈黙…ショートさせちゃった?(苦笑)

残念ながら諦める方向かな。

0 コメント:

コメントを投稿