2017年11月6日

洗面台スイッチ交換



我が家の洗面台の照明スイッチ(大和電器製S2032)、
7年以上前から接触悪かったのを後ろの電線を縛ったりして
騙し騙し使ってたけどもはや限界らしく完全に沈黙。

洗面台メーカーもスイッチメーカーも小売はしていないので
マルツでパネル開口サイズが合いそうなロッカースイッチを入手。
ロッカースイッチON-OFF【3073-K5P2C01T1B01C-BA】 (マルツパーツ)
開口30mm×12mmだったのでまあ大体大丈夫そう。

送料の方が高かったけど計356円。



(分岐)ブレーカーを落としての作業。
絶縁用のカバーをずらしたら端子圧着してあるだけだったので
精密ドライバーで少し緩めたら簡単に抜けた。
この段階でブレーカーを上げてテスターで100Vを確認、
スイッチ自体の不良ってことを確定しておく。



新しいスイッチの電極の方が幅広だったので
一旦開いてからラジオペンチでギュッと締めて完了。
しっかり固定されたのでハンダ付けは不要の様子。
(ブレーカー落としてるからガスや電池式のコテじゃなきゃダメだけど)



ちゃんと嵌って動作も確認、
国際規格なのでON/OFFの表示がちょっと分かりにくいけど。

ちなみに古いスイッチ分解してみたら中身は真っ黒、
バチバチと火花が飛んで電極がダメになってたみたい。
端子自体がグラグラ緩んでたのが接触不良の原因かな?

0 コメント:

コメントを投稿