2018年7月26日

人工流れ星衛星

願い事唱え放題! 人工流れ星を自在に降らせる衛星打ち上げへ (Gizmodo Japan)

東京五輪の開会式に、なんて話もTVでやってたな。
面白いとは思うものの継続的な商売として成り立つのかどうか。

当然ながら持っていった数しか降らせられない上に
人工衛星自体の運用年数が2年と限られてるので、
まずは初期の開発費用を回収してからという感じなのかな。
(1機目で回収するのか、数機かけて回収するのか…)

どれだけの価格になるのかは分からないけど、
直径200km圏内にいればタダで見えちゃうので、
テーマパーク等でターゲットを絞った使い方には向かない?
国や自治体が絡んだ大きめのセレモニー向きなのかな。
とりあえず初回チャレンジが瀬戸内地域なので見られるかも。

0 コメント:

コメントを投稿