2019年7月25日

公共性とは一体

NHKのスクランブル化を総務大臣が否定 「放送の二元体制を崩しかねない」 (engadget日本版)

そもそも二元体制ってのは望まれてるものなの?と。
あれでまだNHKが本当に公平公正な報道をしているとか、
国営放送みたいに行政の広報に特化してるとかならまだしも、
ドラマやらバラエティやら民放と大して変わらんもんな。

そのくせB-CASの特許?でNHK映らないTV作れない、
国営でもないのに契約の自由を無視して料金を取る、
大臣が口を出す、という特別扱いの体制の方がおかしい。
本来は民放側が怒らなきゃいけないと思うんだけど、
民放は紅白や大河・朝ドラを話題にする始末…

スクランブル化だって、なにも全部やれとは言ってない、
災害関連や政見放送は見られるようにしとけばいいだけの話。
番組別にスクランブル設定なんて、BSやCSでは当たり前の技術。
受信料にしてもCSでもかなり珍しいほどの高額設定だしな。

0 コメント:

コメントを投稿