2016年5月27日

MVNOでLINE

MVNO(格安SIM)のデータSIMでLINEを使うにあたって、
現在はFacebook認証があるので、SMSオプションは不要。
安く使えて良かった…と思ったら、年齢認証の問題があるようだ。
自分がID検索できないのはPC使えば回避できるけど、
他人がIDで追加できないのは何かと迷惑をかける…

MVNOの格安SIMでLINEの年齢認証はできるのか? (格安スマホ学園)

年齢認証には大手キャリアのアカウントを使用して
顧客情報と照合して通してるらしく、MVNOだと使えないとのこと。
ネット上の情報だと大手キャリアと契約してる友達や家族にSIMを借りる、
という回避策が紹介されてるけど、単純にSIMを抜き挿しするだけでなく
他人のアカウントを入力してもらう、ってのはちょっと抵抗がある。

自分の場合、auガラケーとの2台持ちなので、
auのau IDは持ってるんだけど、ガラケーのSIMは通常サイズで、
microSIM使うZenfone Goには使えない。(カットして戻すのはイヤ)



ということで、ヤフオクで中古のauのmicroSIMを入手、
「au 解約 micro SIM」と検索するとゴロゴロ出てくる。
価格はだいたい数百円、今回は送料込み380円で買えた。

認証自体は簡単な作業
1. 念のためモバイルデータ通信をOFF(WiFiのみにする)
2. 電源を切ってauの解約SIMに差し替える(切らなくても行けるけど…)
3. LINEを起動、ID検索にチェックを入れて年齢確認へ進む
4. auのアカウント情報を入れる→auガラケーにCメールが届く
5. Cメールに書かれた数字を入力して年齢確認完了
6. 電源を落としてMVNOのSIMに戻し、モバイルデータ通信ON
※APN設定が外れてる場合は再設定



出来上がり。
MVNOのSIM挿しててもauで認証した情報は残ってる。
再びID検索のチェックを外すとどうなるのかは面倒なのでやらん(笑)
まあもし再認証が必要でもSIMが手元にあるので借りる必要なし。
デュアルSIM対応機なので、SIM2に入れて無効化しておいてもいいけど。

まあMVNO使う人が増えてるご時世なんだから、
LINEの方でも年齢確認の方法は見直して欲しいところだね。
MVNO各社に認証させるのはさすがに難しいだろうけど…

0 コメント:

コメントを投稿