2016年11月10日

電柱は住み分けて

【電力】遅々として進まない「無・電柱化」計画 たった1kmで4億円の高コスト いまだに毎年7万本も新設される電柱 (常識的に考えた)

この話題になるとどうも他の先進国と比べられがちだけど、
別に無理に地中化しなくてもいいと思うんだけどなぁ…
メンテの手間や災害復旧の早さでメリットもあるわけだし。

まあ歴史的な景観を大切にしたい事情があるとか、
掘らずにメンテ出来る幹線道地下の共同溝なんかはやればいい。
アスファルトで埋めてしまうような地中化だと
掘るたびに電気やら電話やらCATVやら全部呼ぶから面倒くさい。

排水溝の横にケーブル用の蓋付きの側溝を通す手もあるだろうけど
狭い日本の道路事情だとあんまり向いてないだろうしな。
メンテ効率考えて蓋付きにするのも景観的にどうなんだという気も。
架空電線も日本のキレイに整理されたやつは嫌いじゃない、
途上国のぐっちゃぐちゃになってるやつならまだしも…

0 コメント:

コメントを投稿