2017年9月20日

短縮サービスの終了

その数なんと約880万件、URL短縮サービス終了により発行済みの短縮URLがすべて無効化 (INTERNET Watch)

880万件といっても使われてるのはごくわずかだろうけど
使われないからと言って無効化してもいいのかというと難しいところ。
情報資源としてはずっと残しておきたいものだろうし…

URLの短縮が使われるのは基本的にSNSかメールなので、
検索してヒットする情報としてはそれほど重要度高くないけど
ようやく見つけた手がかりがリンク切れだったりすると悲しいね。
しかもリンクが無効なだけでサイトは存在してたりするとね。
(検索エンジン無効化されてるサイトなんかだと特に)

pixiv程度の規模でこれだもんな、
bit.lyなんかが終了したらもう大騒ぎになるやろ。
t.coに奪われたとはいえ結構な量を持ってるだろうし。
すでに短縮されたURLを転送するのは利益にならないので
どこかが引き継ぐってこともないだろうしな…
でもいつかは終わりがやってくる。短縮に限らないけど。

0 コメント:

コメントを投稿