2003年5月13日

びっくりドンキー

殺人事件のニュースを見てて、
ふと「鈍器」ってなんだろう、と考えた。
刃渡り○○センチのナイフとか文化包丁っていうのは具体的だけど、
「鈍器」と言われると…結構謎だよね。

今まで不思議に思わなかったのは、
恥ずかしながら「鈍器」という言葉が出るたびに、
↓こんなのを想像してたから(笑)

よくよく考えてみると、こんな凶器、滅多にないな(^^;

鈍器ってのは、刃のついてない凶器という使われ方で、
灰皿でも花瓶でもタンスでもテレビでもアルミサッシでも、
ボーリングの球でも剣道の胴でもいいらしい…。
この「鈍器」という表現が、犯人が「語るに落ちる」状況に
なって決定的証拠になるということも、あるそうで。

当たり前といえば当たり前なんだけどね<鈍器
ちょっと恥ずかしい事実(^^;

0 コメント:

コメントを投稿