2017年10月4日

教員の負担軽減

登下校の見守り「学校以外が担うべき」 文科省が方針 (朝日新聞デジタル)

当たり前やろと…教員の負担が大きすぎる。
保護者でやれ地域でやれというとそれもまた問題が出るけど
だからといって学校側に押し付けていいものでもない。

持ち帰りの仕事や部活動の顧問なんかもそうだけど、
そもそも時間外の労働に関して認識が甘すぎるんだよ。
教員と言えど率先して守るべき公務員であるはずなのに
子供のため、教育のためという名目で過酷な労働…
そしてモンスターペアレントの対応をするストレス。

近年その辺りが取り上げられるようになって
部活に関しては外部の指導者とか雇うところも出てきてるけど
教育の無償化とかバラマキ要素のあることを先にするよりは
職員を増やして役割分担をさせるとかだよねぇ…
教員免許のいらない部分は教員以外にやってもらえばいいし
午前中授業ないなら午後から出てもいいとかいう自由度とか。

0 コメント:

コメントを投稿