2005年11月6日

祭り祭られる

ブログで自滅する人々(第1回)~ブログで「祭られる」人々 (デジタルARENA)

なにもブログに限ったことではなく、昔からあるのだけど、
ブログを使うと情報流通が特に早いからターゲットにはなりやすい?

「2ちゃんねるがある」という意識をどこかに持ちながら
無意識のうちにブログでの発言を自制している人は少なくないと思う。
そういう意味ではネット上とは言え、好き勝手は許されない、
いわゆる抑止力としての効果は確かにあるんだろう。

その一方で、2ちゃんねる内での発言は好き勝手なものも多い、
という矛盾めいたものを感じてしまう側面もある。
(筋の通らないものは逆に攻撃されるんだけど)

うちは個人情報だだ漏れみたいな環境なので、
匿名という意識は全然無く、いろいろ自制してるかな?
というより、匿名であっても比較的抑える方かなぁ…
もちろん過激な発想もなくはないけど(^^;

まあ匿名にしても匿名じゃないにしても、
衆人環視ぐらいの意識は必要なんだろうね。
息苦しいと感じるか、みんなが見てくれてると感じるか、
その辺りは気の持ちよう、ってことだろう。

0 コメント:

コメントを投稿