2011年4月25日

LANケーブル自作


これはかなりお買い得【フ】 LANケーブル制作セット (Amazon.co.jp)

一時期導入したLANケーブルが次々不良を起こしだして、
使い物にならなくなってきたので、全部交換することに。
少し前に壁内LANの追加で使ったLANケーブルが
数十メートル残ってたので、今回は自作の方向で・・・

10BASE-Tの頃に数回作ったことはあるんだけど、
ちゃんと工具を使って作るのは今回初めてだった。
Amazonで安いの買って少しずつ作ってる。


コネクタは100個付属で失敗し放題の安心感あるけど、
1ピースタイプなので長さを合わせるのがちょっと難しい。
ロードバー付きの2ピースなら楽なんだろうけどねぇ。

かしめ工具はラチェットの無い簡易タイプだけど、
金属端子の下がり具合を見ながらしっかり握れば大丈夫。
1つコネクタの不良で端子が下がらなかったのと、
1回工具に深く差し込みすぎてツメが折れる失敗があったものの
あとは失敗無く、慣れると結構ホイホイ作れる。

ケーブルテスターはNS-468って型番の中国製、
導通をチェックする簡易なモノだけどまあ十分だろう。
高いやつだと伝送損失とか調べられるらしいが・・・


市販のケーブルだと短くて1m(50cmも?)ぐらいだから、
さらに短い15cmぐらいのを作れるのは自作の魅力だね。
短いとひねりが効かないのでよく考えてコネクタ付けないとだけど。
いつかフラットケーブルでの自作にも挑戦してみたいな。

0 コメント:

コメントを投稿