2006年8月28日

マヤというより

ガラスの仮面 (テレビ東京・あにてれ)

全51話、2日で一気に見た…疲れた(^^;

原作は一度も読んだことはないものの、
エイケン版の旧作アニメは一通り見たことはあるし、
野際陽子がハマり役だった安達祐実の実写ドラマも見てた。
今回あまり見る気はなかったけど、小林沙苗だったので。

評価は人それぞれだろうけど、なかなか良かったと思う。
演劇アニメだけあって、中の人も比較的演技派でうまいな。
小林沙苗は前から演技が好きなので言うまでもなく、
声を張ると野原しんのすけに聞こえる亜弓役の矢島晶子も。
前半は旧作とほとんど同じだけど、また違う良さがあった。

まあ終盤の紅天女絡みは微妙だったけどな…
急激に抽象的な演出になって何が何やら。
つーか、原作の漫画はまだ連載終わってないのか、長いな。

0 コメント:

コメントを投稿