2012年3月23日

迷惑メールの判断理由

Gmailに「迷惑メールと判断した理由」を表示する機能が追加 (INTERNET Watch)

なんで迷惑メールに入れられたん?ってのもたまにあるから、
そう判断された理由が見られるのはちょっと参考になるのかな?

フィッシングや送信者情報の偽装は分かりやすいけど、
ほとんどは内容が類似してるとかいう理由なんだろう。
どこがどう類似してるのか、具体的にはどの単語が、
というのが気になるが、詳しすぎると業者に利用されるか。

そういやGoogle Appsで独自ドメインのメールも扱ってて、
そっちはワイルドカード指定でGmailのフィルタを利用せず、
Shurikenの学習型フィルタで迷惑メールを判定してるけど、
Gmailのフィルタは「誤判定」が多いのに対して、
Shurikenのフィルタは「見逃し」が多いように思う。

0 コメント:

コメントを投稿