2015年2月9日

渡航を制限する

日本人大学生、シリアへの渡航を計画 「イスラム国」関係者とツイッターでやり取り (痛いニュース)
【速報】 50代男性がシリア渡航を計画 外務省がパスポート返納で阻止 (常識的に考えた)

今回の件で分かったように例え本人が「自分の責任」と言ってても
何か起これば政府が動かなきゃいけないし、多額の税金だって使う、
周りに心配をかけるし、便乗した活動家もどきが出てくる、
外交問題にもなるし国の治安にも関わってくるんだな。

起こってしまったら自己責任だ無視しろ、とは言わないが、
起こらないように守って制限するのは仕方ないことじゃないかな。
移動の自由がー!って言うならまず旅券法の違憲を訴えろ。

あとちゃんと実績のあるジャーナリストはともかく、
突然湧いた自称ジャーナリストとか興味を持った大学生とかは
直接的に日本に対するテロ活動家になる可能性もあるからなぁ、
渡航制限以前に公安の監視対象になりそうな気はする(^^;
まあこうやって問題が表面化するうちはまだいいが、
本物は阻止されないように黙って偽って渡航するんだろうな。

0 コメント:

コメントを投稿