2019年10月15日

1秒再起動繰り返す病

2014年に組んだメインPC(corei7/Haswell/Windows10)が突然不調、
電源投入後1秒弱で落ち、勝手に再起動、落ちる…の繰り返し。
たまにBIOSまで行けて操作中に落ちたりすることもあれば、
Windowsまで起動できることもあって再現100%じゃないから厄介。
処理がブートまで行けば、その後は落ちることは皆無だけど、
成功するのは50回に1回ぐらいなので毎朝相当面倒くさい(笑)

↓原因特定のためやってみたいろいろ

・電源ボタンのチャタリング?
 →リセットボタン配線入れ替えてもMB上のピン直接ショートしても変わらず

・メモリの不具合?
 →2枚のうちの1枚にしたりスロット変えたりしても変わらず

・CMOS用コイン電池の電池切れ?
 →CR2032を新しくしたり、CMOSクリアしても変わらず

・電源自体の不具合?
 →ATXコネクタをショートさせて電源単独起動は問題なし
  この時点では過負荷による不良の可能性は残る

・マザーボードの不良?
 →MB、メモリ、CPU、ディスプレイ(オンボード)、電源のみの最小構成起動
  再起動病が再現される、過負荷ではない?

・電源不良の可能性を除くために…
 →余ってた電源で最小構成、やっぱり再起動

これらの結果、マザーボードの不具合の可能性が高まる。
Haswell世代のボードはもう新品ではほとんど出てないので、
ヤフオクで同じ型番(ASUS H87-PLUS)の中古を購入、送料込で6,089円。
Haswellなら他の型でも良かったけど、考えるの面倒くさい。



あとはサクサク置き換え作業。
元の配線をメモしながら、15分程度で完了、
起動も問題なく、1週間ほど様子見したけど症状再発は無し。

古いボード見たけど特にコンデンサ不良とかもなく…
起動ロゴやPOSTやらにも辿り着かないってことは、
どこかホコリでトラッキングでも起こしてたのかな?
キレイにして再挑戦する気もないのでジャンクで売り払います。

0 コメント:

コメントを投稿