2019年10月30日

キー関連は譲れない

狭額縁な8.9型UMPC「MAG1」実機レビュー (engadget日本版)

キーピッチは18.2mmならギリギリ窮屈じゃない範囲か。
しかし上部への記号関連の詰め込みが大変なことになるから
コーディングする機会が多い人にはやっぱり厳しいな。
Functionキーも日本語入力で多用する人には不便な。

ディスプレイが130度ぐらいまでってのも気になるな、
ぐるっと回り込むまでしなくてもいいからせめてフラットに…
途中で止められちゃうとヒンジが割れちゃいそうで怖い。

UMPC最近いろいろ話題になってるから気にはなるけど、
安くはないからなかなか手を出しにくいんだよねぇ。
MAG1やGDP Pocketは6~7万ほどだから安い方だろうが、
10万ぐらいとなると、タブレット+キーボードとか、
あるいは普通に中古のノートでも…となる。

0 コメント:

コメントを投稿