2016年1月29日

説明はできない

中井貴一 「モナリザの絵って何がいいのか説明できる人いる?皆がいいって言うからいいという人が大半 (哲学ニュースnwk)

まあそうだよね、自分もそう思う。
美術的、美術史的な価値としての評価はあるんだろうけど、
一般の人がいいと思うかどうかは人それぞれなわけで、
世間的な知名度に引きずられている感はある。

当時としては斬新な手法で傑作だったんだろうが、
知名度を上げたのは100年ほど前の盗難事件がきっかけ…
有名になったからこそ研究も盛んなんだとは思うけど、
そういう人たちの後付けの解釈を聞かされてもねぇ。

何日か前にTVで有名書道家と一般人の書を並べて
どっちが有名書道家のものでしょう!みたいなのやってた。
どちらが上手いか、みたいに扱われてもなぁ…
絵画も書道も本来どう書こうが自由なもので、
作者自身に評価がついてるようなところがあるし。

0 コメント:

コメントを投稿