2002年7月17日

▼。・ェ・。▼

一部では有名な話らしいけど(今年初め頃の話?)、
WindowsXPについている変換辞書、
MS-IME2002で話し言葉優先モードにしている時、
「ぎれ」を変換すると、

1. 切れ
2. ピカチュウ
3. 布
4. ギレ
5. ぎれ

という変換候補が出てくるというのを実際にやってみた。
最近XP入れたから、この目で見ることが出来るのよね。
それにしても、なぜに「ピカチュウ」なんだ(笑)

「とぎれとぎれ」が「とピカチュウとピカチュウ」になるけど、
「ぎゃくぎれ」で「逆ピカチュウ」には…なりません。
なんだか「逆シャア」みたいだな( -_-)

MSの説明では「仕様です」ってなってるけど、どんな仕様だ(^^;
まあアメリカ版ポケモン関連の名称とかいう説もあるけど、
もしそうだとしても、日本人が使わないものを変換できても、
あまり意味がないような気がするんだけどね(苦笑)

あくまでもバグでは無いらしい…
(意味不明なのはある意味バグかと思うけど)

0 コメント:

コメントを投稿