2011年3月9日

シャーペンの進化?

トンボ鉛筆、ボディを"くの字"に曲げて芯出し-シャーペン「オルノ」発売 (マイコミジャーナル)

また新しい芯出し方式が編み出されたか。
本当に持ちかえずに書きながら出せるなら便利だけど・・・

そういえば子供の頃にいろんなのが流行ったな。
本体ごと上下に振ると芯が出てくるちょっと重いやつ、
指先のところにボタンがついてて一応書きながら押せるやつ、
芯先の部分がノックになってて書いてると勝手に出てくるやつ。

結局どれも使用感はいまいちで、
お尻の部分でノックする普通のが一番良かったりした(^^;
書くごとに芯が回転するクルトガが出来るんだから、
その力で芯を繰り出すことも出来そうなんだが・・・あるのかな?

2 コメント:

ついたち さんのコメント...

ボディノック式のシャープペンシルは昔からありましたよ。
ミストラルだったかな。

jubako さんのコメント...

ミストラル、調べてみたらありました。
同じようにボディを折ってノックするタイプですねぇ。

コメントを投稿