2010年9月1日

紙があって、よかった

「紙があって、よかった」 日本新聞協会が一斉広告 電子化に必死の抵抗 (痛いニュース)

うーん、なんか痛々しいなぁ・・・
紙しかなかった時代のことを持ち出されてもねぇ。
キャッチコピーがトイレットペーパーになっとるし(笑)

別に紙媒体がいらない、とまでは思わない、
ただ新聞はいつか消滅する日が来るのかな、とは思う。
1人1つの端末で情報を確認する時代が来たらだけど。
新聞社が電子化に移行したとして、困るのは販売店か。

電子化の流れを憂いて抵抗したって仕方ない、
その流れにどう乗るか、どう変わっていくべきかが重要。
新聞社の強みは「紙」じゃなくて「情報」だろう。

0 コメント:

コメントを投稿