2014年3月19日

900STの4芯化



MDR-CD900STのケーブルがダメになってきたので、
交換ついでに定番の4芯化カスタムをやってみた。

使用したのはモガミの2799、シールド4芯ケーブル、
純正のよりちょっと硬め、でも被覆はちょっと強そう。
編組チューブかぶせようと思ってたけど、さらに硬くなるので断念…
シールドはプラグ側のみLRのコールドと共にGNDに接続。

中身のハンダ付けはこれまでも何度かやってきてるので、
戸惑うこともなかったけど、ランドが傷んできてるな…
接続用のラグ板入れるとか、ケーブルをプラグ着脱化するとか
なんか考えないとそのうちドライバーごと交換になりそうだ。

あ、それで肝心の音質はというと、すごいよ。
そりゃもうびっくりするほどに…違いが分からない(笑)
そんなにいい再生機器や音源を持ってないからかもだが…
気のせいかもしれない程度に音場が広がったような?
まあ同時に聞き比べることが出来ないのでそんなもんだろ。

0 コメント:

コメントを投稿