2014年3月27日

終わらない懲役

薬物で時間の感覚を狂わせることで「懲役1000年」が実現できる可能性 (痛いニュース)

そういう薬物を開発したというニュースかと思いきや、
すでにある時間の感覚を歪める薬物の活用方法を考えた!か。
って、すでに存在してるの?そう主張してるだけ?

一時的にならともかく、数十年を1000年の感覚にするような
継続的な使い方だと脳に相当な負担がかかりそうだよなぁ。
感覚的にはかなり長い間食事もさせてもらえないわけだし、
時間感覚云々というより精神的な懲罰としての使い方か。
それはそれで懲役とは別の刑罰な気はするが…

思考を早くして時間流れを遅く感じさせるのはともかく、
体の動きがついてこないんじゃ、すごく重く感じるんだろうな。
感覚的に何十年かけて食事や排泄をするんだろう(^^;

0 コメント:

コメントを投稿