2014年3月11日

スポンサーがビビる

ドラマやCM…苦情と自粛の連鎖 表現の「暴力性」めぐる議論も (livedoorニュース)

確かにそういう話は最近多いよなぁ、
おそらくごく一部の「しょーもない」と思えるような苦情に対しても
TV局や企業が過剰に反応してなんでもかんでも自粛してしまう。
(それも含めての話題作りという気もするが…)

ドラマにしてもフィクションに過ぎないんだから、
過激な描写や現実離れした設定があってもいいと思うし、
見せるかどうかは保護者の判断すればいいことだし、
いじめが起こるとかいうのはむしろ保護者の教育の問題かと。

まあ賛否激しいぐらいが面白味があると思うけど、
無難に無難にやってたらつまらんモノばかりになるわな。
最近のクレーム問題は賛否激しいどころか、
わずかな否でも反応するからちょっと異常ではある。

0 コメント:

コメントを投稿