2012年4月20日

レモン的換算

レモンはなぜビタミンCの象徴になったのか (Excite Bit コネタ)

レモン1個が約100gで換算しやすいからか。
もっと多いアセロラで表示しろよ、とか思うけど、
そんなにガバガバ食べないという点ではレモンと同じか。

ビタミンCは酸化防止剤としてよく添加されてるので、
加工食品よく食べるならあまり気にしなくていいらしいが…

「気をつけなければいけないのは、『○倍』という高い数字が欲しくて野菜を選んでいるケースです。たとえば、小松菜の場合は特に豊富なのはカルシウムやカロテンですが、それほど多くもない他の成分を取り出して『小松菜のビタミンの○倍』と記すとか、鉄分が豊富な代表野菜ではないのに『トマトの鉄分の○倍』と表示するなど、『○倍』という数字が高く出やすいモノをあえて選んでいる表現も多く見られます」

青汁三昧のことだな(笑)
1包あたりではなく1箱あたりで言ってたりするし、
「ビタミンB1はなんとグリーンピース7400粒分!」って。
まあ豚肉とかウナギで例えられても分かりにくいが。

0 コメント:

コメントを投稿