2012年4月21日

自動運転車

グーグルの自動運転車、視覚障害を持つ男性を乗せて買い物へ (CNET Japan)

歩行者や手動運転の車がいる以上、事故は起こり得る、
その時にどこが責任を負うのか、そこが一番の問題点。
開発・販売元のGoogleなのか、それとも運転手なのか…

あくまで補助装置としてなら運転手の責任だけど、
視覚障害の人を乗せるってことは完全自動運転か。
そもそもそれに乗るのに免許がいるのかどうかも謎。

全ての車が自動運転になれば安全だと思うけど、
そういうのって確か中東の国でやってたよね…
技術として面白くてもGoogleさんは何がしたいのやら。

0 コメント:

コメントを投稿