2013年11月15日

消費電力1万分の1

バッテリー切れの心配無用? コンピューターの消費電力を1万分の1以下にできる技術が登場 (Gizmodo Japan)

基礎研究のレベルかなぁ?実用化はいつなのやら、
2020年に演算素子の試作を計画だから、当分先の話か…
一方でバッテリーの容量を飛躍的に増やす技術ってのもあったな。

現在のバッテリーのまま消費電力が1万分の1になると、
4時間駆動のノートが4万時間、24時間付けっぱなしで4.5年か。
となるとバッテリーの充電なんてそもそも必要なくて、
バッテリー切れる頃にPCごと買い換えなんて時代が来るかも?

まあ実際に実用化されてもサーバ用途が主かなぁ、
一般に普及して使われるようになったとしても、
駆動時間の長いPCより省スペース化が優先されそうな。

0 コメント:

コメントを投稿