2015年1月27日

カケの補修



弓道再開したはいいが、カケがボロボロ、
まあ高1の時に作ったやつで相当酷使したやつだし、
道場入ってた頃から15年ぐらいのブランクがあって堅くなってるので、
買い換えるつもりだけど、オーダー品なので数ヶ月はかかるから、
それまでの繋ぎとして簡単な補修に取り組んでる。

弦枕は無事、頑張って綻びを縫ったりしたものの、
帽子(親指)の先の木が露出してしまってるのが危なっかしい。
三ッガケ斜面流派なのでそれほど暴発の危険はないけど、
とりあえず滑らない程度に補修してみた。

征矢弓具のネットショップで端切れ革を売ってたので、
適当な大きさに切って端を薄くしてペタリと貼るだけ。
段差が無いようにするのに表側を削ったので白いの出てるが、
ギリ粉とかつけてるうちに馴染んでくるだろう。
本当は縫い目あたりで大きく丸ごと交換が理想だけど、
そこまでやると縫い目処理とか曲面出しに苦労するので、
あくまで次が用意できるまでの応急処置ということで。

0 コメント:

コメントを投稿