2016年3月1日

万が一の時の737操縦

「もしパイロットが気を失い素人が操縦することになったらどうすればいいか」を本物のパイロットが「Microsoft Flight Simulator」でマジ解説 (GIGAZINE)

無茶言うな…
ヘリでも747でも操縦してしまうコナンじゃあるまいし(笑)
実際のところヘリやセスナだとどうしようもないだろうな。

上空を飛んでいる状態であれば、飛行機は「オートパイロット(自動操縦)」で飛んでいる状態のハズ。まずはオートパイロットを解除して、手動で近くの空港に着陸できるようにします。

いきなり解除しようとするな、危ないわ。
737は知らんけどとりあえずはオーパイで着陸も出来るし…
ほとんどの操縦士はマニュアルに切り替えて着陸するらしいが、
オーパイ対応してないような近場の滑走路とかに行こうとすると厳しそう。

この手のトラブルで唯一大事なことがあるとすれば
無線でどこかの管制や近くの旅客機と通信が出来るようにすることだろうな。
その辺はCAの人って訓練受けてるのかな、せめて図解を置いといてくれ。
言語に関してはとりあえず日本語出来る人呼べる程度で十分だろう。
というか英語出来る人がやるのが一番スムーズか(^^;

0 コメント:

コメントを投稿