2011年7月27日

ファームウェア商法

「白箱」で分かるファームウェア更新の甘い罠 (ITmedia +D)

ああ、白箱ってそっちのことか。
挑戦者ブランドのNASの愛称のことかと思ったよ。

大手メーカーだとそんなに見かけないものの、
NASとかルータ、無線AP等のパッケージでは時々あるな。
新商品出た時のリリース、製品情報のページを見てみると
ファームウェア更新で後日対応予定、って機能が少なくない。

最初から対応、完成させた上で発売しろよとも思うけど、
なにげにあとで機能追加されるのって嬉しいんだよな(笑)
本当は新機能ではなく安定化とか不具合修正を頻繁に公開、
長く継続してくれる方が大事なんだろうけど。

0 コメント:

コメントを投稿