2013年2月19日

洗濯機用水栓交換



うちの洗濯機に繋いでる水栓(蛇口)のハンドルの下から
少し水がにじむ程度に漏れてくるようになってきた。
このタイプの漏れなら「三角パッキン」の交換だけで済むんだけど、
毎回ひねるのも面倒だったので、洗濯機用の緊急止水弁付水栓に。

新しい水栓はTOTOのTW11R、楽天で2,449円。
水栓自体は少し安いINAXのLF-HN50KQと迷ったけど、
シールテープ付きで安く売ってたTOTOの方を選択。

交換の手順はググっていろいろ参考に。

蛇口(単水栓) 交換方法の解説 (サンリフレプラザ)

外の元栓を閉めて作業開始。

古い家で水栓外れないんじゃないか、
下手すると壁の中の配管ごと折れるんじゃないか?と心配した。
手では回らなかった、水栓レンチは持ってなかったので、
プライヤーで回転軸以外に力がかからないよう慎重に力をかけると
固かったけどなんとか回った、めでたしめでたし。



中に残ってるシールテープやらゴミやらを取り除く、
こびりついて取れないのもあったけど、歯ブラシで念入りに。
石やサビが残ってなければ多分大丈夫。



新しく取り付けるTW11R、まずそのままねじ込んで、
何回転で止まるかを確認しておく、ここが重要。
うちの場合は、6時の位置から時計回りに6回転と1/4、
3時の位置で止めたいので、本番は5回転と3/4回す。



座金を取り付けてから、先端にシールテープを巻きつける。
時計回りに6〜10回ぐらいが一般的、今回は8回ほど巻いた。
先端に2巻き、ふた山ズラして6巻きって感じにしておくと
最初がねじ込みやすいとのことでそうしておいた。
巻いたら指でしっかり時計回りに絞って密着させておく。

そして壁に予定の回数ねじ込んで取り付けるだけ。
古い水栓外す時と同じぐらいの抵抗があれば多分大丈夫、
ゆるかったりきつかったりしたらテープの巻数で調整。
途中で逆方向に回すと水漏れしちゃうので方向は一発で。



元栓開けて10分放置、水漏れがないことを確認、
ホースをカチッと取り付けて開栓、こちらも水漏れなし。
座金を壁に密着させて作業完了。

取り付ける際、下の洗濯機が邪魔なことに気付いて
ひとりで動かしたりする手間があって時間がかかったものの、
水栓の交換自体は15〜20分ぐらいと簡単だった。
新しい水栓の開閉は簡単、緊急止水弁がついてるので、
ホースが外れても大丈夫、水栓開けっ放しでもいいはず…

0 コメント:

コメントを投稿