2013年12月15日

あって困ることはない

なんと22ものSATAポートを標準搭載するZ87チップセット搭載マザーボード「Z87 Extreme11/ac」がASRockから登場、ドスパラ パーツ館で販売が始まった。 (ASCII.jp)

SATAポートが22個、すごいなコレ。
規格もあるがIDE時代だとケーブルやコネクタの大きさで
物理的に難しかったものが、SATAだとこんなにたくさん…
安いマザーでも結構な数積んでるものが多いよね。
いまだに自作経験がIDEで止まってる自分には新鮮だ。

HDDとか光学ドライブ類、たくさん積めば積むほど
快感のような満足感を得られる自分には魅力的だけど、
マザーだけで8万は無理だな、普通にPCIで増設した方がいい。

SATA時代のマザーはRAID機能も普通に持ってたりするけど
こいつもRAID0/1/5/10に対応してるようだ。
ポート数あるんだから最低6台必要なRAID50が出来てもいいのに、
と思ったけどあんまりやる人いないだろうな(笑)

0 コメント:

コメントを投稿