2013年12月5日

犬の糞DNA

DNA検査で犬の糞の放置が激減 米マサチューセッツ (エキサイトニュース)

限られたコミュニティの人しか入らないエリアで
外部の犬が入ってこないならそりゃ効果あるだろうなぁ、
というかそういう場所で放置するってのが考えられんわ。
芝生はともかくホールウェイ(玄関・廊下?)やエレベーターって…

国によっては犬の糞を拾わないのが普通みたいな、
清掃員の人の仕事を奪っちゃいけないみたいな考えのところもあるな。
そういう考えかどうかは知らんが、パリの街は犬の糞だらけらしいし。
ああいうとこで全個体DNA情報の登録とかはさすがに無理か。

猫の糞もそういう対策が出来ればなー、
野良猫はともかく(良くはないが)、飼い猫を放し飼いにして
よその庭に糞をばらまいてくるような迷惑な奴に対して…
まあそもそもDNA情報を提出させるのが無理だろうが。

0 コメント:

コメントを投稿