2015年4月15日

オンラインゲームを残す

サービス終了でサーバーが閉鎖したゲームでも合法に改造プレイできるよう電子フロンティア財団が要請中 (GIGAZINE)

一部のFPSだとユーザがサーバを立てるやつもあるけど、
大体のオンラインゲームはサービス終了するとプレイ不可能、
頑張って作ったキャラだろうが頑張って集めたアイテムだろうが、
そしてそこにあったコミュニティまでもバッサリ消えてしまう。

オンラインの宿命といえば宿命で仕方ないけど、
スタンドアロンで遊べるようなゲームと違って、
ゲーム財産として全く価値が無くなってしまうのは寂しいところ。
あとから懐かしく遊ぶなんてことも出来なくなっちゃうんだよな。
なので愛好家の有志が続けられる取り組みってのは面白いと思う。

ただまあ運営会社としては落ち目のゲームはさっさと切って、
新しく作るゲームにユーザを取り込みたいところだろうから、
自分たちの管理を離れたところで遊ばれるのは面白くないだろう。
ユーザ側の主張としてはアリだが、まず認められないだろうな。

0 コメント:

コメントを投稿