2015年4月21日

Windows Defenderへ



今年もアンチウイルスソフト(NOD32)の更新時期がやって来て、
それ自体への不満は一切ない、むしろ満足してはいるんだけど、
ちょっとこの時期ドメインの更新やら何やらで支出が重なるので、
一時的に無料モノでも使ってみようかなって考えてみた。
NOD32は期限切れ後でも更新できるし…

無料モノだとAvastとかいろいろあるけど重い、
なので最近他のPCへ入れてるMicrosoft Security Essentials(MSE)をば。
Windows8だとWindows Defenderとしてプリインストールされてるらしく、
NOD32をアンインストールすると自動で有効化された。

まあ驚くほど軽いし、スキャンはクイック・フルともに超速、
右クリックから個別にファイルをスキャンする機能がなくて
レジストリいじってコマンドライン版を呼び出すとか
いまいちなところもあるけど、常時監視ついてるから不要なのか?

無料のくせにやたら捕獲性能はいいという結果があったり、
全く逆に取りこぼしが多くて使えないという評価もあったりだけど、
20年以上PC使っててもたまにメール添付型が届く程度な感じなので
うちではそれほど気にすることもないのかな?と思ってる。
たまにオンラインでスキャンすればいいんじゃないか。

0 コメント:

コメントを投稿