2003年7月8日

とぅいんくるとぅいんくるりとるすたー

今日は七夕か~。
ふと思ったんだけど、織姫と彦星が会うのに、
なんで願い事をするんだろう、かなりの謎。
人がデートするのに、お願いするって、失礼だよな(^^;

そう思ったら調べる、これ基本(笑)

メルマガじゃないから簡単に書くと、
元々棚機(たなばた)と書いたぐらいだから、
織姫は裁縫や機織りの名人・神様みたいに思われてたのね。
この辺はよく知られた中国の七夕伝説に由来するわけだけど。
だから裁縫や機織りが上手になりますように、という願いを込めて、
布やら糸を笹竹に結びつけた、ってことらしい。
笹竹は昔から神聖な魔除けの力を持つものとして知られていて、
成長が早いから早く天に届く、という意味も。

つ、つまり、それ以外の願い事は、
いわゆる「便乗」であって、本来の七夕じゃないのね(^^;
そんな気はしてたけど、今どきこの願い事書く人、少ないだろうな。

織姫星と彦星の距離は15光年。
真ん中が待ち合わせ場所として、
単純に最高速の光でも、15年に一度しか会えない。
帰らなきゃいいのに(^^;

で、願い事…
一度でいいから天の川を見せてください(笑)

0 コメント:

コメントを投稿