2014年5月11日

現行法で問題なし

3Dプリンターで銃製造……規制求める動きに関連団体が反論 (RBB TODAY)
3Dプリンター容疑者、散弾銃許可申請 火薬入手図る? (朝日新聞デジタル)

どうもこの件を大げさにしたがる風潮があるけど、
殺傷能力のある銃器を作ること所持することが違法であって、
どうやって作ったかは別に問題にすることじゃないと思うがな。
実際に取り締まる法律があったから摘発できたわけだし、
怪しいところがあったから申請が許可されなかったんだろう。
わざわざ新たな規制が必要とか意味が分からんよね。

3Dプリンタに限らず作ろうと思えば作れる、
鋳造や旋盤加工できればそりゃ立派な銃が出来るだろうし、
市販のモデルガンでも改造すりゃ殺傷能力は持たせられる、
でも違法だから作らないってのが日本の銃規制だろうに。

モデリングデータの所持を規制すべきとも言うけど、
所詮デジタルデータだし、出力するかどうかが問題なだけ。
3Dプリンタ用(樹脂用)に限らなければ設計データはいっぱいある、
趣味で3DCG作るのもアカンのかって話になるしな。

0 コメント:

コメントを投稿