2014年12月8日

使える英語へ?

【社会】中一教科書から「My name is」が消滅  今は「I am 姓-名」が主流 (常識的に考えた)

ホントようやく…だな。
別に間違った言い方ってわけじゃないんだろうが、
「拙者の名は〇〇でござる」みたいな仰々しさがあるとか。

しかしI amはともかく姓-名なんだな、
実際にはどうせすぐに覚えてもらえない発音できないから
○○と呼んでね、って付け加えることも多いらしいな。

まあ名乗り方変えたぐらいで使えなさはあまり変わらない、
ロクに海外経験もない日本人教師な時点で察しろ、だけど、
6年以上も学んで使えないのは勿体ない話ではある。
まあアレは結局受験科目として学んでるだけだからなぁ。

ただ使えない使えないとはいわれるものの、
このネットの時代に英語のサイトを「読む」のには結構役立つから、
国内で英語を必要としてるぶんには比較的使えてるかもしれない。

0 コメント:

コメントを投稿