2014年7月2日

No-IP差し止め

ダイナミックDNSがマルウェアの温床になっているとしてMicrosoftがNo-IPのドメイン差し止め (GIGAZINE)

ひでーなコレ、無茶苦茶なことするでMSは。
No-IPはそこそこメジャーなDDNSサービスだから、
繋げなくなった自宅サーバのユーザが阿鼻叫喚になってるな。
そういうとこで公開されてた有益な情報も見えなくなってたり…

DDNS自体は便利だし無くてはならない技術の1つ、
一方で悪用されることも多いってのは間違っちゃいないから、
今回はあくまでNo-IP側が適切に改善しなかったからってのが理由か?
いきなり遮断ではなく業務改善命令とかそういうのはしないのかね、
関係のない真っ当なユーザがたくさん被害を受けとるがな。

悪用されやすいのは大手、こうやってとばっちりを受けやすいのも大手、
DDNS使いたきゃ比較的マイナーなところを使っとけって話か。
そういうとこなら悪用ユーザの排除もやりやすいだろうしな。
もっともマイナーなとこはサービスの継続性に不安が残るが。

0 コメント:

コメントを投稿