2006年6月23日

100円の芸術



著作権が切れてるから、という理屈は分かるものの、
優れた文学作品が100円ショップで売られてるのを見ると、
「当の作家さんたちはこれを見て何を思うのだろう」
と、少し切ない気持ちになるのです。

まあネット上には無料で公開してるところもあるわけで、
値段が付いてるだけまだいい、と考えられなくもないけど、
生活雑貨と一緒に扱われているのがなんとも…(^^;

とかいいつつ走れメロスを購入。
何度か読んだことはあるけど、名作は何度でもGood、
そんなことが出来るのも100円の良さではあるな。

0 コメント:

コメントを投稿