2006年6月22日

ネットキャッシュID流出

「ネットキャッシュID」81,105個が流出、未使用分だけで3億円以上に相当 (impress Watch)

ネットワーク上のサービス全てがそうだけど、
特に堅牢であるべき「お金絡み」が不正アクセスを受けた、
というのは今までの事例と違って重大性は高いだろうな。
安心、信頼を持って使ってるユーザへの影響は大きい。

幸い自分はネットキャッシュを使っていないものの、
クレジットカードとかネットバンキング、Edyは使ってるから、
そういうのがクラッキングの被害を受けたらと思うと怖い。
被害額が大きくても保障してもらえるのか、など。

そう滅多にあることではないとしても、
保障がどうなってるかを一度調べなおしてみなきゃな。
サービスを選択する基準としても案外大切かもね。

0 コメント:

コメントを投稿